スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィジー村でのホームステイ

二週間前に遡りますが、ナウソリ町の近くにあるマオミという村でホームステイをしてきました。
村では、初めにセブセブという、人を迎え入れるときに行う儀式が開かれました。カバという特殊な飲み物をいただきました。決しておいしいものではありません。
ホームステイ先のお家では、お父さん、お母さん、息子、娘の4人家族で暮らしていました。息子が昨年、ラグビーナショナルチームのU15でプレイしていて、そのユニフォームを着させてもらいました。
ビックリしたのは、村といっても現代の町の生活と変わらない生活をしていたことです。テレビ、レンジ、パソコンがあり、デジカメも持っていました。さらに、フィジー村の人々もローッティを作り、カレーを食べ、インド系の文化が溶け込んでいることがわかりました。フィジー村でのホームステイでまさかインド料理を食べるとは思いませんでした。
村には、食材が何でもあり、ダロやキャッサバを代表とする穀物類や野菜が簡単に手に入ります。また、ココナッツやパパイヤ、、バナナなどが至る所になっておりいつでも食べることができます。
夜はみんなで集会場に集まり、カバを飲みながら談話をします。特に何を話すというわけではなく、ただみんなで一緒にることによさがあるように感じました。みんなで歌ったり、踊ったりとゆっくりと時間は流れ、また明日を迎える。そんな生活の繰り返しがフィジー人にとって フィジーの言葉で、Bula ni vei lomani とうい言い方があります。「互いに愛し、平和に生きる」~みんなでものを分け与え、お互いに助け合う文化~日本では忘れ去られていたようなコミュニティの仲間意識の強さを感じました。
村を出るときには、お父さんがココナッツとサトウキビのお土産をくれ、ココナッツの葉でかごを作ってくれました。フィジー人の心の温かさを感じました。

IMG_4454_convert_20110730133215.jpg
IMG_4384_convert_20110730132720.jpg
IMG_4499_convert_20110730133354.jpg
IMG_4513_convert_20110730133258.jpg
IMG_4417_convert_20110730132845.jpg
IMG_4424_convert_20110730134041.jpg
IMG_4430_convert_20110730133137.jpg
IMG_4489_convert_20110730133506.jpg
IMG_4515_convert_20110730132446.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KENI

Author:KENI
小学校教諭
青年海外協力隊にてフィジーに派遣
任地ランバサにて小学校体育を指導中

趣味 ●ダイビング
    ●マラソン
    ●トレイルラン
    ●旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。